ホーム機構について>財団のあらまし

機構について

財団のあらまし

公益財団法人関西文化学術研究都市推進機構

関西文化学術研究都市推進機構は、本都市の建設を推進するために設立された公益財団法人です。

設立 昭和61年6月19日
所在地 京都府相楽郡精華町光台1丁目7 (けいはんなプラザ内)
目的 創造的な文化、学術及び研究の拠点の形成に関する調査研究及び提言を行うとともに、新しい文化、 学術及び研究の拠点となるべき関西文化学術研究都市の建設をはじめとする都市づくりに関する調査研究、企画立案、合意形成、 及び新産業創出などの産業振興並びに学術研究の発展に資すること等を行うことにより、同都市の発展に寄与する
事業
  1. 創造的な文化、学術及び研究の拠点の形成に関する調査研究及び提言
  2. 本都市に関する建設をはじめとする都市づくり、導入すべき文化学術研究機能に関する調査研究、企画立案、合意形成の促進及び提言、要望
  3. 本都市における新産業創出など産業振興及び学術研究の発展に資する事業
  4. 本都市における立地促進及び都市居住者、研究者、立地施設等の交流促進
  5. 本都市の居住者、研究者等のための交流施設及び研究機関等の研究活動を支援する施設の建設及び維持管理
  6. 本都市の建設をはじめとする都市づくり、産業振興及び学術研究の発展に関する各種情報の提供、助言並びに講演会、研究会等催事の開催
  7. 本都市に関する機関誌及び図書の発行等の広報
評議員会 経済団体・研究施設・企業・大学・地方自治体の関係者26名によって構成 名簿はこちら
理事会
理事長
柏原 康夫(関経連副会長)
常務理事
瀬渡 比呂志
理 事
経済団体・企業・府県の関係者等15名 名簿はこちら
監事
中南 知也(株式会社南都銀行公務・地域活力創造部長)
米田  茂(米田会計事務所所長 税理士)
事務局組織
組織図はこちら

けいはんな学研都市を知る
研究活動と事業化の現状を知る
It is けいはんな
新産業創出交流センター

ページトップへ