法人カードの比較基準は多種多様

法人カードとして発行できるクレジットカードの種類は多く、特典や年会費、発行可能な枚数などはカードごとに異なります。

そのため、カードの種類を選ぶ際には、そのビジネスにおいてどんな使い方をする事が多いのか、どんな目的で法人向けのカード導入を検討しているのかを考えたうえで、ニーズを最大限に満たしてくれるカードを選ぶという選び方がおすすめです。

比較基準としては、コスパや審査の通いやすさ、マイルやポイントの還元率、年会費の安さ、ついている特典、ETCカードの発行有無や枚数、などが挙げられます。

個人事業主なら年会費無料が一押し

出来るだけ経費を低く抑えたい個人事業主にとっては、法人カードの比較基準でもコスト面を重視した選び方がおすすめです。

個人向けのカードと比べると法人向けのカードは年会費が発生するものが多い傾向にありますが、中には年会費無料のものもあります。

例えば三井住友クラシックFor Ownersカードは、サービスに加入すれば実質年会費を無料にすることができますし、ライフカードビジネスライトなら、そうした条件なしでも年会費が永久無料です。

ステータス系カードでも、年会費が無料の種類を見つけることができます。例えばP-One Business Mastercardは、年に1回でも利用すれば、翌年の年会費が無料になるという特典がついているので、ビジネスに利用し続けている限りは年会費は永久無料ということになります。

最初の1枚として選びたいカードはコレ

起業したばかりのビジネスオーナーにおすすめの法人カードの選び方は、使い勝手が良くてコスパも良く、カスタマーサービスが丁寧で充実しているものがおすすめです。

例えば日本国内では加盟店が最大と言われているJCBから発行されているJCG一般法人カードなら、国内クレジットカードなので安心感がありますし、カスタマーサービスの対応が親切なのでおすすめです。

また、コスパで選びたい最初の1枚として人気のオリコEX Gold for Bizなら、年会費が2,000円とリーズナブルなのにゴールドカードというステータス系のカードとなっています。

起業したばかりで最初の1枚を作りたい場合には、 審査に通りやすいかどうかという点も、大切な比較基準になるでしょう。審査通過率で選ぶのなら、通過率65%のオリコEX Gold for Bizカード、通過率60%のJCB一般法人カード、通過率が同じく60%のアメックスのビジネスゴールドカードなどがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です