知っておきたい法人カードの審査基準とは?

法人カードでも審査はあります

個人のクレジットカードと同じように、法人向けのカードでも、申し込みの後には審査があり、審査に通って初めてカードを発行してもらうことができます。

個人と法人とではその基準は異なりますし、クレジットカード会社によっても基準は千差万別ですが、一般的な目安としては、起業してから3年以上が経過していて、なおかつ2期連続して黒字決算となっていることが条件と言えます。ただ、これは法人そのものを審査する取引の場合。

現在主流で人気の法人カードは、法人代表者を個人カード同様に審査し、法人口座を紐づける、というロジックで発行されているカードが多いです。つまり、先月起業したばかりのビジネスでも法人向けのカードを作ることができるようになっています。

カード会社や種類によって基準が異なりますので、必ずしも一般的な基準や条件を満たさなければ絶対に法人向けのカードを持てないというわけではないのです。

法人カードの審査基準

基準が設けられている背景

法人カードの多くは、発行するカードが1枚だけではなくて複数枚発行してもらうことが可能です。利用限度額が高く設定されるカードもあります。

金融機関にとって最も怖いことは、未回収です。もしもカードを発行しても返済できないまま会社が倒産してしまえば、未回収として金融機関にとっては損失になってしまいます。そのため、どうしても発行に際しては慎重にならざるを得ないのです。

審査に通りやすくするポイントとおすすめのカード

例えば設立してから3年未満だけれど法人のカードを作りたいという場合には、3年未満でも発行してくれる実績のあるクレジットカードを選ぶことが必要です。例えば、アメックスのビジネスゴールドカードなら、起業した初年度でも発行してもらうことが可能な法人カードの一種として人気があります。

厳しいと言われている法人向けの審査に通るためには、通りやすくするための工夫も必要不可欠でしょう。例えば、近年ではどこからでも使いやすいスマホを利用した個人事業などが増えています。事務所にいなくてもビジネスができるという点で、スマホはとても便利ですし、持っていることがマイナスになることはもちろんありません。

しかし、法人向けカードの発行という点においては、企業の連絡先がスマホしかないという点は、大きなマイナスとなってしまいます。たとえ従業員がいない一人法人でも、固定電話を設置することは、法人カードを作るためにはとても重要なポイントとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です