法人カードとは?どんな特徴があるの?

法人に対して発行されるカードです

法人カードとは、法人に対して発行してもらうことができるクレジットカードのことです。法人と言っても企業ごとにたくさんの従業員を抱える所もあれば、起業したばかりの個人事業主などもあるわけですが、企業の規模にかかわらず法人向けのカードを作ることが可能です。

法人向けカードの大きな特徴としては、発行してもらうクレジットカードには、法人名と使用可能な個人名が刻印されているという点があります。企業名のみが刻印されているわけではなく、特定の企業で働く特定の人物に対して発行されるのが、このカードの特徴です。

引き落とし口座は法人口座から

法人カードとは、その企業に勤める個人に対して発行されるという特徴があります。しかし、実際の利用金額分の引き落としが行われるのは、その個人の口座ではなくて法人口座となります。つまり、会社が社員に対して発行したカードの利用請求は、すべて会社が責任をもって管理するというのが、法人カードのシステムなのです。

この法人カードが企業にとってどんなメリットが期待できるのかという点ですが、経理事務の管理化できたり、現金での精算、立て替えやその精算などの業務が簡素化されるというメリットは大きいでしょう。例えば、従業員が高速道路を利用することが多かったり、出張などに行く場合などには、法人カードがなければ従業員があらかじめ立て替えておいて後から事後精算することになるか、企業が必要な経費を用立てして後から精算するという作業が必要となります。しかし法人カードがあれば、従業員にとっては自己負担で用立てする必要がありませんし、利用したものについてはすべてカードの利用明細で一目瞭然になるため、事後精算のわずらわしさから解放されることになります。

法人カードのデメリットとは

法人カードとは、メリットを上手く生かして利用すれば、業務の効率化や経費削減などにつながります。しかし、発行に際してはあらかじめどんなデメリットが起こるリスクをはらんでいるのかという点についても、理解しておきたいものです。考えられるデメリットですが、カードごとに分割払いのシステムが異なるという点があります。例えば法人カードとして人気が高いJCBカードの場合には、一括払いの他には2回の分割払いが可能ですが、リボ払い的な返済方法はありません。一方、オリコのExecutive Gold for Bizカードなら、分割払いや据え置き一括払いなど返済方法が充実しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です