法人カードはvisaにするべきかMasterにするべきか

カードごとにvisaかMasterが異なります

クレジットカードの国際ブランドと言えば、visaかMasterが良く知られています。日本国内でカードを使う場合には、どちらのブランドでも大きな違いを実感する機会はほとんどないでしょう。しかし海外出張などで法人カードを使う機会が多い企業にとっては、どちらの国際ブランドなのかによって、使い勝手や便利さが大きく異なるので注意しなければいけません。

世界の国々では、それぞれの地域ごとにどちらの国際ブランドがより多く普及しているかという点が異なります。例えばvisaの場合には、アメリカやオーストラリア、主要アジア諸国などでは加盟しているショップが多いのでとても便利なのですが、ヨーロッパ地域においては観光客が多いところでは使いやすいものの、地域によっては使えないショップが多いということがあるため注意が必要です。

一方、Masterはヨーロッパ諸国やオセアニアの地域でとても便利という特徴があります。観光客が多いエリアでは、この地域以外でもvisaと変わることなく便利に使えることが多いのですが、ヨーロッパとオセアニアにおいてはMasterの方が知名度が高いため、加盟しているショップもこちらが多くなります。

法人カードはどの国際ブランドにするべき?

法人カードには、visaやMasterに加えてJCBブランドやアメックスブランド、ダイナースカード等多種多様なブランドがあります。その企業ごとにどんな使い方をするかは異なるため、どのブランドが使い勝手が良いのかという点は異なりますが、国内外のあらゆるショップで使うということを想定するのなら、やはり知名度が高くて加盟しているショップが多いvisaかMasterを選ぶのが賢明でしょう。

日本国内においては加盟店がナンバーワンを誇るJCBは、日本誕生のクレジットカードブランドとして人気があります。日本国内でのみ利用するのなら、加盟店の多さやサービスの丁寧さという点でJCBはおすすめなのですが、海外に行くと使えないショップが増えてしまうため、他の国際ブランドと比べると不便に感じるかもしれません。

審査の厳しさはブランドごとに異なる?

法人カードを申し込んだ時に行われる審査の厳しさは、カードを発行する金融機関ごとに異なるだけでなく、visaやMaster、JCBなどのカードブランドごとにも異なります。審査に比較的通りやすいのはJCB、学生や起業したばかりの人でも審査に通りやすいのはvisaと言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です