法人カードは企業直後や赤字でも作れるのか?

一般的な目安は設立してから3年以上

法人カードは、法人ならどこでも発行してもらえるというわけではありません。金融機関ごとに審査を受け、通過しなければ発行してもらうことができないクレジットカードなのです。法人向けのカードは個人向けのクレジットカードと比べると審査基準は異なりますが、審査に通る目安としては、設立してから3年以上が経過していること、そして2期連続で黒字決済になっていることが条件と言われています。そのため、起業直後で3年未満の法人にとっては、黒字決済でも審査に通ることは難しいと言えますし、赤字でも作れるカードを探すことも、決して簡単ではないでしょう。しかし、起業直後でも審査に通過させてくれる法人カードはゼロではないので、一般的な条件を満たしていない法人の場合には、審査への通りやすさを重視したカード選びをする必要があります。

開業日や設立日の認識

法人カードの申し込みをする際には、申込用紙に開業日や設立日、そして創業日などを記載します。これらの日付は勘違いしやすいだけでなく、間違った日付を記入してしまうと審査落ちの原因にもなりかねませんから、正しく認識して正確な日付を記入する必要があります。

例えば開業日は、役所に開業届を提出して認可された日付のことですし、設立日というのは法人として登記を行った日付となります。この2つの日付とよく似ているものには創業日というものがあり、これは法人としての活動をスタートした日付となります。ここで注意したいのは、創業日というのは法人としての活動を行った日で、その時点で役所や国に登録していたり認可されている必要はないという点です。そのため、個人事業主の中には、準備を始めたのは国に登録する1年以上前だから法人カードの申込書にもその日を記入するということがありますが、これはNGです。カードの申し込み用紙には、法人なら設立日、個人事業主なら開業日など、書面で証明できる日付を記載する必要があります。

審査に通りやすくする方法

起業直後や赤字でも作れる法人カードは、存在します。しかしそれは、カード発行会社の審査次第なので、赤字でも作れる保証はありませんし、起業直後もやはり審査には通りにくくなります。そのため、審査に通りやすくするためには、金融機関からの信頼を高めるために、固定電話の回線を引いたり、自社のドメインを獲得してホームページを作成するのが効果的です。また、起業直後でも審査通過率が高い法人カードを選ぶという方法もおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です