法人カードのメリットとデメリットとは?

法人カードのメリットは多い

企業が法人カードを持つことは、たくさんのメリットが期待できます。例えば、これまで現金精算が必要だった従業員なら、事前に従業員が自己負担して後から精算する手間と経済的負担から解放されますし、企業側にとっても現金精算の業務が省略できるでしょう。そうした点において、現金出納業務を簡略化、効率化できるというメリットがあります。

さらに、法人向けのカードを作ることによって、支払いを一本化できるだけ、キャッシュフローが分かりやすく管理しやすくなります。こうしたカードがなくてすべての支払いを現金で行っている場合には、毎月送られてくる請求書の数が多くなり、その一つ一つに支払いを行うため、キャッシュフローが複雑になってしまいます。特に従業員が海外出張に行く機会や頻度が多い法人にとっては、為替による誤差なども法人向けカードを導入したほうが管理しやすくなるというメリットがあります。

また、法人カードには旅行保険やショッピング保険などの付帯サービスがついています。それに、空港のラウンジを無料で利用できるなどの特典もついているため、法人の業種などによってはコスト削減にもつながりますし、コスパという点で大きな魅力が期待できます。

気になるデメリット

法人向けのカードには、デメリットもあります。例えば返済方法が個人向けクレジットカードほど充実していないという点です。近年では分割払いにも対応している法人カードが増えているものの、どんな返済方法があるのかはカードの種類によって異なります。例えば法人向けカードとして人気が高いJCBカードの場合には、1回払いか2回払いかという選択肢しかありませんが、オリコのExecutive Gold for Bizカードなら1回払いの他に分割払いや据え置き一括払いなどの返済方法から選ぶことが可能です。

特典はどう?

また、特典重視で法人向けカードを選びたいという企業にとっては、特典が個人向けカードほど充実していないという点もまた、法人カードのデメリットと言えるかもしれません。年会費が無料のものやリーズナブルなカードでも、個人向けカードなら特典はとても充実していることが多いのですが、法人の場合にはなかなかそこまでの充実ぶりというわけにはいかないようです。そのため、法人向けのカードを選ぶ際には、特典の内容を比較すると同時に、かかる年会費や手数料などコスト面でも比較しながら、法人にとって便利でリーズナブルなものを選ぶことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です