法人カードとコーポレートカードの違い

どちらも法人向けのクレジットカードです

法人カードとコーポレートカードは、どちらも個人向けに発行されるクレジットカードではなく、法人が管理をして従業員のために発行してもらうクレジットカードです。この点ではどちらも大きく変わることはありませんが、一般的には、法人カードは個人事業や中小企業向けのものだと言われているのに対し、コーポレートカードは大企業向けのものだと言われています。具体的にどんな点が異なるのかをご紹介しましょう。

発行可能な枚数が違う

法人向けに発行されるクレジットカードを見ると、個人事業主や中小企業の方が数が多いため、カード発行法人数では圧倒的に法人カードの方が多くなります。しかし個人事業主や中小企業を対象に発行されるクレジットカードの場合には、発行できるカードの枚数が少なく制限されているという特徴があります。一方、大企業を対象に発行されるコーポレートカードになると、発行枚数には制限がついていなかったり、制限が設けられていてもニーズのある社員に対して発行できるぐらい余裕を持った上限が設定されているという違いがあります。

ただし、近年では規模が小さな法人向けのカードでも、追加料金を支払えばあらかじめ設定されている上限以上の枚数でカードを発行してもらうことができるなど、フレキシブルな対応をしている所は増えているようです。

カードによって呼び方も違います

法人カードとコーポレートカードとでは、審査基準が異なります。そのため、申込みをする企業にとってもその違いを明確にするため、それぞれの金融機関やクレジットカードブランドでは、個人事業者や中小企業向けのものはビジネスカードと呼び、大企業向けのものはコーポレートカードと呼ぶなど、カード商品名に明確な違いを出しています。例えば、アメックスの場合には、アメリカン・エキスプレス・ビジネスカードとアメリカン・エキスプレス・コーポレートカードとがありますし、クレディセゾンでもUC法人カードとUCコーポレートカードなど、呼び方を変えることによって対象となる法人の規模を明確にしています。

機能も異なります

発行枚数が20枚以上となるコーポレートカードでは、部署ごとや利用者ごとに利用可能な金額の上限を設定することが出来たり、部署ごとにカード利用の管理ができるなど、カードに付帯している機能が優秀です。これは、法人向けのクレジットカードを従業員に持たせることによって私的な利用を防止したり、業務の効率化を図るなど、管理がしやすくなるというメリットが期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です