個人名義で法人カードを作ることは可能?

法人カードは法人が管理するクレジットカードです

法人カードは、企業がクレジットカード会社から審査を受け、その企業で働く従業員のために発行してもらうという形態のカードです。発行されるカードには、その企業名に加えて特定の利用者の個人名が両方記載されることが多いのですが、カードの種類によっては企業名の記載はなくて個人名だけが記載されているものもあります。しかし個人名しか記載されていないからと言って個人名義のクレジットカードというわけではなく、あくまでもカード会社が企業にリクエストされた個人が利用できる目的で発行するクレジットカードという位置づけとなります。

一般的には、法人カードを申し込むと、会社の代表者の名義でカードが発行されます。中小企業などは起業した設立者の名前がそのまま社名になっていることは少ないですが、個人事業主の場合には代表者の名前がそのまま法人名として使われていることもあるでしょう。その場合には、カード表面に記載される利用者名義は代表者の名前ということになり、個人名義のカードと見た目があまり変わらないという事態が起こりかねません。

決定的に異なるのは引き落とし口座

個人名義で発行してもらう個人向けクレジットカードと、企業が発行してもらう法人カードとでは、決定的に大きく異なる点があります。それは、引き落とし口座です。個人名義の場合には、カードの引き落とし口座を法人に指定することはできませんから、カード表面に記載されている利用者の個人名義の銀行口座から引き落としが必要となります。一方、法人の場合には、個人名義の銀行口座から引き落とすことはできません。契約した法人名義の口座からの引き落としとなります。

もしも従業員にカードを発行していて、従業員がそのカードを利用した場合には、カード会社は法人から一括で引き落としをかけ、企業がその従業員から利用金額を精算するという形になります。

カードを利用した時のサインはどうなるの?

法人カードは、法人の中でも特定の個人に対して発行されます。そのため、カードを利用した場合には、その個人が支払い時にサインをする事になります。サインは個人のサインで、法人名のサインではありません。その辺は慣れるまでは勘違いしやすい部分なので注意しましょう。また、同じ企業に勤務している従業員でも、カード表面に個人名が記載されていない人以外は、そのカードを使うことはできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です