ETCカードを発行してもらえる法人カードなら交通費精算業務が楽チン

法人カードでもETCは発行してもらうことができます

ETCカードとは、高速道路の利用料金を支払うことができるカードで、クレジットカードの付帯カードとして発行してもらうことが可能です。もちろん、クレジットカードを持たなくても単独で発行してもらうこともできますが、その場合には保証金などの手続きが面倒になりますし、プリペイド式になるため、使い勝手という点ではあまり便利ではありません。そのため、後払い式のクレジットカードに付帯するカードとして発行してもらうのが一般的ですし、そちらの方が便利です。

法人を対象に発行される法人カードでも、ETCカードを発行してもらうことができます。営業や宅配、イベント、送迎などで高速道路利用による交通費が多い法人にとっては、このカードを持っていれば従業員が高速道路料金や交通費を自己負担で立て替える必要がなくなりますし、現金での精算業務が簡略化できるので、交通費関連の現金出納業務がとても便利になるというメリットが期待できます。

何枚まで発行できるのか?

個人事業主や中小企業を対象に発行している法人カードでは、付帯するETCの発行枚数はカード会社ごとに異なります。1枚だけしか発行してもらえないという所もあれば、3枚とか5枚などと上限が設けられているものもありますし、中にはこの付帯カードは枚数に上限がなく無制限に発行してもらえるという種類もあります。たくさんの営業車や宅配者を抱える企業にとっては、発行枚数に制限が設けられていない法人向けカードは、大きな魅力と言えるでしょう。

おすすめのカードはコレ

法人カードでETCカードも合わせて発行してもらいたい場合には、まずは何枚ぐらいのカードが必要なのかを考えたうえで、年会費やカード発行に際してかかる手数料などを比較することをおすすめします。カードの種類によっては、発行する時に最初に手数料が発生するだけというものもあれば、1枚当たり一定額の年会費が発生するものまで多種多様です。法人向けクレジットカードそのものの年会費は無料でも、付帯カードの年会費が多くかかるのでは、経費として掛かるトータルの金額は高くなってしまうでしょう。そのため、トータルコストを比較しながら、法人のニーズにピッタリの種類を選ぶことが必要です。

そうしたコスト面を考慮すると、JCB一般カードは、クレジットカードの年会費は初年度0円で2年目からは1,250円とリーズナブルですし、付帯するETCカードの発行枚数は無制限、そして付帯カードには年会費が発生しないというメリットがあります。その他には、EX Gold for Bizは発行枚数は3枚までと制限があるものの、クレジットカード自体の年会費は2,000円、付帯カードは無料なので、リーズナブルに使いやすい法人向けカードではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です